会員からのお知らせ

  1. 会員からのお知らせ

2019年08月22日 NEW

『インバウンド・プロダクツ2019』の来場者の募集について

本イベントは、来るべき来道外国人観光客500万人を受け入れるために、最新のシステムや製品サービスを直に見て触れられる機会として2017年より開催しており、
「インバウンドの受入態勢強化の為のサービス・プロダクツ提供会社」と、「道内の観光事業者」をマッチングする『展示見本市』と『B to B個別商談会』です。

【開催概要】
会期  2019年10月8日
時間  9:30~17:00
参加費 無料 (事前のお申し込みが必要となります)
場所  TKPガーデンシティPREMIUM札幌大通5階
    〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条
    西1丁目8番地2号 高桑ビル5F
後援  北海道、国土交通省北海道運輸局、
    北海道観光振興機構

参加お申込みは『北海道銀行WEBサイト』または下記イベントサイトに直接アクセスしてお申込下さい。(10月1日迄)
https://inbound-matching.com/

株式会社北海道銀行

2019年08月22日 NEW

【第4回TCVBミーティング「ロケ誘致はビジネスチャンス!」開催のご案内(9月12日開催)】

東京観光財団が主催する観光セミナー「TCVBミーティング」を9月12日(木)に開催いたします。
「ロケ誘致はビジネスチャンス!」をテーマに、9月20日に公開を迎える『おいしい家族』のロケ誘致から観光振興・自社ビジネスへ繋げるノウハウについて講演いたします。
<開催日時>9月12日(木)15:00~18:00
<プログラム> 第1部講演・第2部パネルディスカッション・第3部懇親会
<会場> HARD ROCK CAFÉ TOKYO(港区六本木5-4-20 六本木駅徒歩3分)
<参加費> TCVB賛助会員無料、非賛助会員3,000円
<問合せ先> 東京観光財団 地域振興部 chiiki@tcvb.or.jp  TEL:03-5579-2682

公益財団法人東京観光財団

2019年08月16日 NEW

《お知らせ》
経済産業省創設
「おもてなしスキルスタンダード」アドバンス認定研修を開催


◆おもてなしスキルスタンダードとは?
経済産業省が策定した「おもてなしスキルスタンダード」は、サービス産業に携わる現場人材のスキルを、
業種や職種の壁を越えて横断的に標準化・体系化した基準であり、個人を対象にした認定制度です。
当認定制度は「ベーシック認定」と「アドバンス認定」からなり、2019年9月7日より「アドバンス認定研修」がスタート致します。

アドバンス認定研修は、「理論編」「発展編」「まとめ」の計5日間で実施します。

「理論編」では、“おもてなし”を実践するための考え方や基本スキルを学び、
「発展編」ではワークショップ等を通じて、様々な課題を発見する力や
解決するための力を身に付け、課題解決型人材を養成します。

◆スケジュール
1・2日目(理論編) 9月7日(土)/8日(日)
※日本ホスピタリティ推進協会主催、
 「ホスピタリティコーディネーター講座」を受講いただきます。
3・4日目(発展編) 10月17日(木)/18日(金)
5日目(まとめ) 12月5日(木)

詳細は「おもてなしスキルスタンダード」ホームページをご参照ください。

◆(参考)8月13日に経済産業省様よりニュースリリースが出ました。
https://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190813001/20190813001.html



詳細・お問合せはこちらのアドレスにご連絡ください。

■おもてなしスキルスタンダード 事務局 
Mail:info@omotenashi-ss.jp / 担当:鈴木

一般社団法人おもてなしマイスター協会

2019年08月14日 NEW

「サイクルツーリズム」セミナーを開催します!

 令和元年度第2回海外経済セミナーを開催します。
本セミナーでは、「サイクルツーリズム」をテーマに、日本のサイクルツーリズムの現状やインバウンドにおけるニーズの高まり等について、情報提供を行うとともに、インバウンド誘客に成功した先進事例の紹介を行います。さらに、取組みの成功の鍵や、行政に求められること等について、自治体や民間団体等、様々な立場・視点から、パネルディスカッションをしていただきます。
 サイクルツーリズムやインバウンドの第一線でご活躍されている方々を全国からお迎えし、講師としてご登壇いただきます。多くの皆様のご参加をお待ちしております!

日 時:令和元年9月25日(水)13:00~16:45 (12:45開場予定) 
場 所:都道府県会館 4階402会議室
   (東京都千代田区平河町2-6-3 永田町駅より徒歩1分・赤坂見附駅より徒歩5分)
主 催:一般財団法人 自治体国際化協会
参加者:自治体、DMO・観光協会含む関連団体等職員(定員80名)
参加費:無料(※事前登録制、先着順)
内 容:
13:00~13:10 開会挨拶 
13:10~14:00 基調講演1 
  講師:一般社団法人 ルーツ・スポーツ・ジャパン 代表理事 中島 祥元 氏
14:00~14:50 基調講演2
  講師:株式会社ARCH・ヒーロー北海道 代表取締役 高橋 幸博 氏
14:50~15:00 休憩
15:00~16:45 パネルディスカッション
  モデレータ:一般財団法人 日本自転車普及協会 主幹調査役 栗村 修 氏
  パネラー:株式会社ARCH・ヒーロー北海道 代表取締役 高橋 幸博 氏
       滋賀プラス・サイクル推進協議会 ツーリズムWG座長 佐々木 和之 氏
       愛媛県サイクリング普及調整監 坂本 大蔵 氏
  
※下記のHPの申込フォームにてお申し込みください。
http://economy.clair.or.jp/activity/seminar/

■お問い合わせ
一般財団法人 自治体国際化協会 交流支援部 経済交流課 佐藤・新野
Tel:03-5213-1726 Mail:keishin@clair.or.jp

一般財団法人自治体国際化協会

2019年08月01日

観光アプリ「レジャー・ミー!」掲載施設募集中!

本年6月24日よりエスビージャパン(株)が運営を開始しました
サブスク×観光周遊アプリ「レジャー・ミー!」では、
掲載する観光・レジャー施設を募集しています。

施設の掲載・登録は無料ででき、
情報の編集や、イベント・キャンペーン情報の発信も可能です。
現在、全国の2500施設を掲載しており、
観光・レジャー施設専門のガイドブックアプリとして、
多くの旅行者にご利用いただいています。

また、ユーザーがサブスクリプション(月額利用料)で、
登録施設を一定回数周遊できる機能も備えており、
このサブスクプラン対応の施設へのプラン変更も可能です。

ご興味のある方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ:エスビージャパン株式会社
     レジャー・ミー!事業部 https://leisure-me.jp/ 
     TEL:0942-85-7712 メール: info@sb-ja.jp

エスビージャパン株式会社

2019年07月23日

「祭りアイランド九州」開催
九州地域戦略会議(九州地方知事会及び九州経済4団体で構成)では、9月20日(金)から11月3日(日・
祝)の間「祭りアイランド九州」を開催します。
本年開催のラグビーワールドカップの観戦に訪れる外国人や日本人の皆さまに、広く九州・山口各
地に足を運んで頂く絶好の機会と捉え、特色ある多くの祭りを、九州初、九州最大規模でPRする官
民一体となった取組です。
是非、この機会に九州の祭りをご堪能ください。
【祭り熊本に集結】
期間 9/28(土)29(日)
場所 熊本市内中心地
内容 九州・山口の祭り41団体 等

【祭りめぐり(周遊促進)】
期間 9/20(金)~11/3(日)
場所 九州・山口の各地
内容 お客様自身での周遊促進 等

主催:祭りアイランド九州実行委員会
問合せ:祭りアイランド九州コールセンター
   ℡ 0570-001357
   

一般社団法人九州観光推進機構

2019年07月17日

速旅「飛騨・富山ドライブプラン」を2019年6月27日より実施します! 

~E41 能越自動車道も乗り放題となりますます便利に~

中日本高速道路株式会社

2019年07月17日

『速旅・休暇村宿泊商品券付ドライブプラン』を2019年7月から本格実施します。
~国立公園オフィシャルパートナーシップに基づく連携を強化~
-新たに休暇村 乗鞍高原・伊良湖・南紀勝浦を追加し、5施設へ利用拡大-

中日本高速道路株式会社

2019年07月17日

速旅「快走G(ギフ)割!岐阜県周遊ドライブプラン」を2019年6月27日より実施します!

~岐阜の高速道路がお得な定額料金で乗り放題!新たに3日間コースを発売!~

中日本高速道路株式会社

2019年05月24日

【観光で稼ぐ!ための手引書、観光消費による経済波及効果分析ツールの公開】
 (北海道 経済部観光局)

・北海道オリジナル!施策構築プロセスを体系化!
・国が推奨するエビデンスに基づく戦略の策定!
・市町村単位で経済波及効果が分析可能!

「新たに効果的な観光施策を考えたい。観光で地域活性化したい。」
「見聞きしたエピソードではなく、地域に合った、根拠ある施策を展開したい。」
「もっと地域の様々な関係者と一体になって観光振興を進めていきたい。」
このような地域の想いを後押しするため、道では、平成30年度「観光で稼ぐ!ための手引書」ならびに、「観光消費による経済波及効果の「見える化」分析ツール」を作成し公開しています。

詳細は以下のURLをご参照ください。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kkd/kasegu.htm
地域のみなさまの積極的なご活用をお願いいたします。

北海道