新倉断層 糸魚川-静岡構造線

アラクラダンソウ シズオカイトイガワコウゾウセン
新倉断層
画像提供元:早川町役場振興課
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、フォーカスシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他特殊地形

山梨県 | 南巨摩郡早川町

国指定天然記念物。(平成13年認定)
糸魚川―静岡構造線は、新潟県糸魚川市から長野県諏訪市、山梨県早川町を経て静岡に達する。日本列島中央部を横断し、東北日本と西南日本とを分ける延長250kmにも及ぶ大断層である。
山梨県早川町新倉の内河内川左岸には、糸魚川-静岡構造線の逆断層が見事に露出している。
県道南アルプス公園線(県道37号)を北上して、小之島トンネルを抜けると左側に「新倉断層」の看板と駐車場があります。そこから5分ほど歩くと、川の対岸に新倉断層が見えます。

基本情報

所在地 山梨県南巨摩郡早川町新倉明川2913-1
問合せ先 早川町教育委員会

アクセスマップ

周辺のスポット情報