式亭三馬の墓

シキテイサンバノハカ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他名所

東京都 | 目黒区

式亭三馬は、江戸時代後期の戯作者です。式亭または遊戯堂と号しました。本名は菊池久徳、父は八丈島の出身です。
18歳のとき初めて戯作を書き、作品はきわめて短時間で書き上げたといいます。制作意欲は年とともに冴え渡り、『侠太平記向鉢巻』を著した時、訴えられ外出禁止の処分を受けましたが、その後も旺盛に著作活動を続けました。
黄表紙、洒落本、滑稽本を得意とし、代表作に『浮世風呂』、『浮世床』、『古今百馬鹿』などがあります。
47歳で文政5年に没しました。1776年から1822年の人です。

基本情報

所在地 〒152-0003 東京都目黒区碑文谷1-8-14(正泉寺墓地内)
TEL 03-3712-4568
ホームページ http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/gakko/bunkazai/shitei/toshitei/sikiteisanbahaka.html
営業期間 公開
7:00〜19:00
アクセス ・円融寺前バス停から徒歩で2分東急バス・渋谷駅-洗足駅
料金 ・無料

アクセスマップ

周辺のスポット情報