白石神社

シライシジンジャ
白石神社
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

佐賀県 | 三養基郡みやき町

白石神社は北茂安校区・白石地区にある歴史ある神社です。
文政6年(1823年)白石鍋島家第6代鍋島直章公により創建され、祭神は白石初代邑主鍋島直弘公、白石焼の先覚者である鍋島直?公、土木治水の神・成富兵庫茂安公の御三体が合祀されています。
神社の境内へ続く参道の石段は、広い横幅に比べ、一段の高さは15cm程度で、警護の侍が馬に乗ったままで参拝できるよう、馬の脚に合わせて造られています。
また、参道には桜の木が植えられており、花見客で賑わいます。
正月明けの「ほんげんぎょう」初夏を告げる「七夕祭り」、勇壮な流鏑馬を奉納する「時代祭り」など多くの参拝客が訪れます。

基本情報

所在地 〒849-0111 佐賀県三養基郡みやき町大字白壁3955
問合せ先 みやき町観光協会
〒840-1106 佐賀県三養基郡みやき町大字東尾737-5
TEL 0942-96-4208
FAX 0942-89-1650
ホームページ http://www.miyakikankou.jp/main/51.html
アクセス ・久留米駅からバスで20分
見学・所要時間 20分
創建年代 1823年

アクセスマップ

周辺のスポット情報