千栗八幡宮

チリクハチマングウ
画像提供元:みやき町観光協会
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

佐賀県 | 三養基郡みやき町

千栗八幡神社は、北茂安校区白壁地区にある古い神社です。九州五社八幡宮の一つ。中世より肥前国一宮と呼ばれています。
毎年3月15日に、日本三大粥祭りの一つである「お粥だめし」(通称「おかいさん」の神事)、8月1日には「夏越祭」(通称「輪くぐりさん」)、9月15日に秋の大祭「放生会」・「行列浮立」が行われます。
また、1992年のバルセロナオリンピック金メダリストである柔道の古賀稔彦選手は、この神社にある146段の石段を足腰の強化のために上り下りしていたこともあり、スポーツの鍛錬として石段を使ってのトレーニングに励む人達も少なくありません。

基本情報

所在地 〒849-0111 佐賀県三養基郡みやき町大字白壁2403
TEL 0942-89-5566
問合せ先 みやき町観光協会
〒840-1106 佐賀県三養基郡みやき町大字東尾737-5
TEL 0942-96-4208
FAX 0942-89-1650
ホームページ http://www.miyakikankou.jp/main/53.html
アクセス ・久留米駅からバスで20分
見学・所要時間 20分
創建年代 724

アクセスマップ

  • クチコミを見る(8 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報