海会寺(かいえじ)

カイエジ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

大阪府 | 堺市

元弘2年(1332)、乾峯士曇(けんぼうしどん)が開山した、臨済宗海会寺(かいえじ)。創建当時は、開口神社(あぐちじんじゃ)西門前付近にあり、300石の寺領を持つ大寺院だったが、元和元年(1615)の大坂夏の陣で焼失したため、現在地の南宗寺の寺域に再建された。現在の建物は当時のものと考えられ、とくに本堂、庫裏および門廊は、江戸時代初期の寺院建築としては大変貴重なものとして、国の重要文化財に指定されている。また、「牡丹」をテーマに乾峯士曇をはじめとする33人の僧らがつくった漢詩集「牡丹花詩集」は、我が国の書道史・文学史において貴重な作品であるとして、堺市の指定有形文化財になっている。

基本情報

所在地 〒590-0965 大阪府堺市堺区南旅篭町東3-1-2
TEL 072-233-1398
ホームページ http://www.sakai-tcb.or.jp/spot/spot.php?id=44
アクセス ・阪堺線「御陵前駅」から徒歩で5分
料金 ・拝観の際は事前連絡要

アクセスマップ

周辺のスポット情報