大林寺(大阪府松原市)

ダイリンジ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

大阪府 | 松原市

西除川に架かる宮橋東詰に、布忍山大林寺があります。
融通念仏宗で、河内西国第5霊場として信仰されています。
本堂には、本尊の阿弥陀如来立像(南北朝時代)と並んで、等身大の十一面観音立像が厨子の中に祀られています。
十一面観音像は桧の一木造りで、高さ170cmを測ります。
光背・台座や十一面の頭上面・両手先・両足先は後世の補修ですが、そのほかは当初のままです。平安時代後半、11世紀ごろの作とみてよいでしょう。
同観音は、平安時代後半に建てられていた布忍寺の本尊でした。しかし、明治初年の廃仏毀釈に際し、十一面観音は持ち出されて、近くの大林寺に安置されたのでした。
美術史家によると、「目鼻から口もとにかけての面貌の彫りは浅く、いたって穏やかな表情となっている。面奥の深い割りに頬の張りは少ない。府内でも古像に属し、作柄も畿内作品としてしっかりしている。」と述べています。

基本情報

所在地 〒580-0025 大阪府松原市北新町1-10-5
アクセス ・近鉄南大阪線布忍駅から徒歩で5分
見学・所要時間 5分

アクセスマップ

周辺のスポット情報