ジョン万次郎ゆかりの地

ジョンマンジロウユカリノチ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

沖縄県 | 豊見城市

幕末から明治にかけて、アメリカで身につけた語学や知識を活かし、日本と米国の橋渡し役として活躍したジョン万次郎こと中浜万次郎(1827-1898年)は、1851年、ハワイから鎖国中の日本へ帰国する際、琉球国摩文仁間切小渡(現:沖縄県糸満市大渡)へ上陸しました。
 那覇へ護送される途中、王府の命令により字翁長の高安家(屋号:徳門)に収容された万次郎は、半年間の滞在中、翁長の伝統行事に参加したり、地元の人々と酒を酌み交わしながら、琉球の方言で冗談を言い合える程、交流を深めていったと伝承されています。
 万次郎が滞在した高安家は、子孫が暮らす個人の住居であり、内部を自由に見学することはできませんが、その他にも豊見城には史跡・戦跡・文化遺産が数多く存在します。
 興味をお持ちの方は、「豊見城市文化課」へご連絡ください。

基本情報

所在地 沖縄県豊見城市
問合せ先 豊見城市文化課
〒901-0232 沖縄県豊見城市字伊良波392
TEL 098-856-3671
FAX 098-856-1215
ホームページ http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/tourism_culture/146/564

アクセスマップ

周辺のスポット情報