筌の口共同温泉

-
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

温泉

大分県 | 玖珠郡九重町

日本一の人道大吊橋「九重“夢”大吊橋」からほど近くにある筌の口温泉。 享保13年(1728年)に田野庄屋徳右衛門が同地に湯小屋を建てたのが始まりという歴史ある温泉です。文豪・川端康成も小説『波千鳥』の構想をねるために滞在したと言われています。 筌の口温泉は、金色のにごり湯で鉄分のにおいのする温泉です。温泉周辺には宿もあり、山の幸をふんだんに使った山家料理がいただけます。

基本情報

所在地 大分県玖珠郡九重町田野筌の口
問合せ先 九重町観光協会
TEL 0973-73-5505
ホームページ https://www.visit-oita.jp/spots/detail/4722
営業期間 休業日
無休
アクセス ・大分道九重ICから車で20分
・豊後中村駅からバスで30分
料金 ・大人 300 円

・子供 100 円 (小学生以下)

駐車場 有料 あり

アクセスマップ

周辺のスポット情報