国指定史跡 岡城跡

-
国指定史跡 岡城跡
画像提供元:竹田市観光ツーリズム協会
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、フォーカスシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

大分県 | 竹田市

文治元年(1185)郷土の武将「緒方三郎惟栄(これよし)」が源義経を迎え入れるために築城したと伝えられており、その後文禄3年(1594)、中川公の入封によって岡藩の城となったと言われています。 現在残されている城郭は、初代藩主中川秀成(なかがわひでしげ)によって築城されたもので、本丸、二の丸、三の丸、西の丸などの主な曲輪(くるわ)から成っています。城の形が牛の寝ている姿に似ていたことから別名「臥牛城(がぎゅうじょう)」とも呼ばれており、本丸からくじゅう連山、近戸門からは阿蘇山と城下町を一望でき、二の丸には朝倉文夫作の瀧廉太郎像があります。 城内にはたくさんの桜の木があり、その美しさから『日本さくら名所100選』にも選定されています。 また、毎年4月上旬には雅な大名行列が行き交う「岡城桜まつり」が開催されます。

基本情報

所在地 〒878-0013 大分県竹田市竹田2761番地
問合せ先 岡城料金所
TEL 0974-63-1541
ホームページ https://okajou.jp/
営業期間 休業日
12月31日〜1月3日
受付時間
09:00〜17:00
アクセス ・JR豊肥本線 豊後竹田駅から車で5分
料金 ・大人 300 円 (高校生以上  団体20名以上200円)

・子供 150 円 (小・中学生  団体20名以上100円)

見学・所要時間 60分
駐車場 あり
バリアフリー設備 オムツ交換台 あり 多機能トイレ

アクセスマップ

周辺のスポット情報