本場鶴崎踊大会

ホンバツルサキオドリタイカイ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

大分県 | 大分市

400年の伝統を持つ豪華絢爛な夏祭り。約千人の踊り子が、それぞれのグループごとに揃いの衣裳を着て、おはやしのやぐらを中心に7重・8重の輪となって踊る。(場所:鶴崎公園グラウンド)
永禄3年(1560)頃、大友義鎮(後の宗麟)が遊興にふけって政治をおろそかにしていた時、重臣の戸次鑑連がこれを諫めるため京都から舞子を招き、踊りを躍らせたところ義鎮は大変喜び、忠言を聞き入れたそうです。その時の踊りが起源と伝えられています。

基本情報

所在地 〒870-0106 大分県大分市鶴崎
問合せ先 鶴崎おどり保存会事務局
〒870-0103 大分県大分市東鶴崎1-1-21大分市鶴崎支所内
TEL 097-527-2111
FAX 097-521-7140
ホームページ http://www.city.oita.oita.jp
営業期間 開催
8月 夏
見学・所要時間 135分
文化財 国選択無形民俗文化財