神宮寺浦公園

ジングウジウラコウエン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

公園

大分県 | 大分市

公園の付近一帯は埋め立てられていますが、かつては浅瀬の波に洗われる美しい海浜でした。
平安時代、近くに春日神社の神宮寺という寺が建立されたところから、この名がついたといわれています。
天文年間(1532~1555)、ポルトガルや明との貿易を行った大友宗麟は、この浜辺を交易場として利用していたといわれています。
それにちなんだ「南蛮貿易場址」の碑があり、その側に太刀を杖にした大友宗麟像が建てられています。
ポルトガル人の来府は天文14年(1545)、中国のジャンク船に乗船して沖ノ浜に入港したのを皮切りに、天文20年(1551)の7月にポルトガル船が日出沖(神宮寺浦の対岸)に来泊しました。
同年9月にはフランシスコ=ザビエルが宗麟の招きで府内を訪れています。
その後、相次いでポルトガル船が来航し、神宮寺浦を含む別府湾は文字どおり南蛮貿易の表玄関でした。

基本情報

所在地 〒870-0031 大分県大分市勢家町
問合せ先 大分市公園緑地課
TEL 097-537-5638
ホームページ http://www.city.oita.oita.jp
アクセス ・大分駅からバスで10分
面積 0.05ha

アクセスマップ

周辺のスポット情報