小松原湿原

コマツバラシツゲン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

高原

新潟県 | 十日町市

【冬期閉鎖のお知らせ】-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 2021年11月10日より降雪に備え、バイオトイレを閉鎖いたしました。 皆様には雪解け後(例年6月下旬)にお越しいただけることを、心よりお待ちしております。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 小松原湿原は、苗場山の北側斜面に位置する、苗場山の火山活動に伴ってできた溶岩台地の上に形成された高層湿原で、新潟県自然環境保全地域(約300ha)に指定されています。 その標高は約1,350~1,600mで、低い方から、下の代(しものしろ)、中の代、上の代と呼ばれ、無数の「池塘(ちとう)」が点在しています。 雪解け後の短い夏にはワタスゲが風に揺れる姿が、秋にはベニサラサドウダンの紅葉と青空が、池塘に映り込む光景を見ることができます。 ※池塘とは…湿原内に点在している小さな池のことをいいます。深さや大きさは様々で、湿原全体で約180個ほど確認されています。

基本情報

所在地 新潟県十日町市
問合せ先 (一社)十日町市観光協会
TEL 025-757-3345
FAX 025-757-5150
ホームページ https://niigata-kankou.or.jp/spot/6953

アクセスマップ

周辺のスポット情報