九品寺

クホンジ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

奈良県 | 御所市

九品寺を開いたのは奈良時代の僧、行基です。九品寺はサンスクリット語で、その意味は布教でいう上品・中品・下品で、人間の品格をあらわしています。上品の中にも上中下があって中品や下品にもそれぞれ上中下があります。全部で九つの品があるので九品と名づけられています。その九品寺のご本尊は木造阿弥陀如来像で、国の重要文化財に指定されています。

基本情報

所在地 〒639-2313 奈良県御所市楢原1188
問合せ先 御所市観光協会
〒639-2298 奈良県御所市1-3
TEL 0745-62-3346
FAX 0745-62-3346
アクセス ・近鉄御所駅からバスで9分葛城ロープウェイ前行き 小林経由は乗車時間13分
・猿目橋バス停から徒歩で20分
・JR・近鉄御所駅からタクシーで15分
・JR・近鉄御所駅から徒歩で40分
・京名和自動車道 御所ICから車で15分
見学・所要時間 30分
創建年代 729年~749年

アクセスマップ

周辺のスポット情報