子泣き相撲

コナキズモウ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

長崎県 | 平戸市

「泣く子は育つ」という縁起を担いで、毎年節分の行事として最教寺で行われるもので、赤ちゃんを特設の台の上で向かい合わせ、しゃもじをもった行司さんが「ハッケヨイ、南無大師偏照金剛」とあやしたり脅かしたりして早く泣いたほうが勝ちとされるものである。普段は泣く子に手をやくおかあさんもこの日ばかりは元気のよい我が子の泣き声にうれしそう。節分の日の最教寺には元気いっぱいの泣き声と観衆の笑い声がこだまします。

基本情報

所在地 〒859-5121 長崎県平戸市岩の上町1206
TEL 0950-22-2469
問合せ先 最教寺
〒859-5121 長崎県平戸市岩の上町1206-1
TEL 0950-22-2469
予約 TEL 0950-22-2469
開催日・開催時間 開催
2020年2月3日 8:30 毎年同日
アクセス ・松浦鉄道たびら平戸口駅から平戸桟橋行き西肥バスで10分
・「新町」バス停から徒歩で5分
料金 ・3000 円 不動明王大護摩供

開催地 最教寺
観覧者数(年間) 5千人

アクセスマップ

周辺のスポット情報