【2020年度は関係者のみでの神事のみ】銀鏡神社大祭 銀鏡神楽

シロミジンジャタイサイシロミカグラ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

宮崎県 | 西都市

銀鏡神社本殿から150m離れた別殿で行なわれます。背後の竜房山を御神体とするこの神社は古式を伝え民俗的にも貴重な存在です。
銀鏡神社大祭では、14日の夕刻から15日の午後にかけて、1番の星の神楽から始まり、最後33番の神送りまで奉納されます。狩猟信仰が色濃く残るのが特徴で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。祭壇には1週間以内にとれた猪の頭(サチミタマ)を供物として捧げ、その年の狩猟を祈願します。
※2020年度は関係者のみでの神事のみ

基本情報

所在地 〒881-1232 宮崎県西都市大字銀鏡518
問合せ先 西都市観光協会
〒881-0015 宮崎県西都市聖陵町1-88
TEL 0983-41-1557
FAX 0983-41-1559
営業期間 開催
2019年12月14日〜2019年12月15日 毎年同日 ※2020年度は関係者のみでの神事のみ
アクセス ・JR南宮崎駅から徒歩で1分
・宮交シティからバスで120分
・西都バスセンターから三和交通バスで60分
・銀鏡から徒歩で1分
・宮崎空港から車で120分
開催地 銀鏡神社
保存者 銀鏡神楽保存会
時期 12月14日・15日

アクセスマップ

周辺のスポット情報