日本武尊能褒野御墓

ヤマトタケルノミコトノボノオンボ
能褒野御墓
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

三重県 | 亀山市

全長90m後円部の径54m、同高さ9mと三重北部最大の前方後円墳。
東征帰路に日本武尊が伊勢国能褒野で亡くなられたという記紀の記述に基づき、明治12年に内務省により「日本武尊能褒野御墓」と定められ、現在も日本武尊の墓として宮内庁が管理。
周辺に歴史や自然、雰囲気などの特性を活かした「のぼのの森公園」がある。

基本情報

所在地 〒519-0213 三重県亀山市田村町
問合せ先 亀山市生活文化部文化スポーツ課まちなみ文化財グループ
〒519-1192 三重県亀山市関町木崎919-1
TEL 0595-96-1218
FAX 0595-96-2414
ホームページ http://www.city.kameyama.mie.jp/
メールアドレス bunkazai@city.kameyama.mie.jp
アクセス ・亀山駅からタクシーで15分
・井田川駅から徒歩で60分
・亀山ICから車で15分
見学・所要時間 10分
時代 古墳

アクセスマップ

周辺のスポット情報