新改古墳

シンガイコフン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

高知県 | 香美市

新改地区は古墳が数多くあることで知られていますが、中でもこの古墳は最も大きく、墳丘の径15メートル、高さ5メートルあります。石室は片袖の横穴式で、玄室は長さ6メートル60センチ、幅1メートル90センチ、高さ3メートルです。羨道は長さ2メートル80センチ、幅1メートル60センチ、高さ1メートル80センチで高知県内では最大級といわれています。
安政の地震により天井石の一部が落下し、玄室左側の壁の石も失われています。
副葬品は現在、高知県立歴史民俗資料館に保管されています。
土佐後期古墳の盛期である七世紀初頭から後半のもので、香美市指定史跡です。

基本情報

所在地 〒782-0058 高知県香美市土佐山田町新改
問合せ先 香美市教育委員会生涯学習振興課
〒782-8501 高知県香美市土佐山田町宝町1丁目2-1
TEL 0887-53-1082
FAX 0887-53-5226
ホームページ http://www.city.kami.kochi.jp/map/shingaikofun.html
アクセス ・JR土佐山田駅から車で15分
・高知自動車道南国ICから車で10分5Km
見学・所要時間 10分
時代 古墳

アクセスマップ

周辺のスポット情報