高爪神社

タカツメジンジャ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

石川県 | 羽咋郡志賀町

能登富士といわれる標高341mの高爪山の山頂に奥殿が、ふもとの台地に本殿が建っている。
 日本武尊を主神として祀り、7世紀末持統天皇の祈願所となった。利家は修験僧の大福寺北之坊に深く帰依し、自筆の書状を認めて、上洛の際の道中安全や二男利政の病気平癒などの祈祷を依頼した。
 上杉謙信軍によって旧記、寺宝など一切を焼失し荒廃していたが、1585年(天正13年)利家が社殿を再興し、ついで利常が社領を寄進するなど代々の藩主の崇敬を得てきた。
 現在、地元坊に宛てた利家自筆の文書が所蔵されている。

基本情報

所在地 〒925-0561 石川県羽咋郡志賀町大福寺
問合せ先 志賀町商工観光課
〒925-0198 石川県羽咋郡志賀町末吉千古1番地1
TEL 0767-32-1111
FAX 0767-32-3978
アクセス ・のと里山海道 西山ICから車で40分
見学・所要時間 20分
文化財 ・国指定重要文化財
創建年代 703年

アクセスマップ

周辺のスポット情報