大塲家住宅

オオバケジュウタク
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

茨城県 | 行方市

 中世の玉造城を背にする位置に建つ「大山守大塲家郷土屋敷」は伝統的な茅葺き住宅で、水戸徳川初代藩主徳川瀬房が領内巡視のおり、宿舎兼水戸藩南部の藩政事務所として、寛文期(1661~72年)に建てられました。
主屋は茅葺寄棟造で「御殿」と呼ばれていました。表門は長屋形式で藩主が来邸の時と元日以外は開けないことから「開かずの門」といわれました。
現在の建物は、平成16年から20年かけて大規模な解体修理が行われ復元されました。
街道に面し、一段高く置かれた茅葺寄棟造は風格をただよわせ幕末期の歴史を今に語り続けています。

基本情報

所在地 〒311-3512 茨城県行方市玉造甲4533
TEL 0299-55-3230
問合せ先 行方市観光協会
〒311-1792 茨城県行方市山田2564-10
TEL 080-8731-1772
FAX 0291-35-3258
ホームページ http://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page001411.html
営業期間 見学時間
火曜日、水曜日、木曜日、土曜日 10:00〜16:00 年末年始休館
アクセス ・常磐道土浦北ICから車で40分
料金 ・大人 300 円 (団体様(20名以上) 250円)

・子供 200 円 (団体様(20名以上) 150円)

見学・所要時間 10分
文化財 ・都道府県指定重要有形民俗文化財
 作成年代:江戸時代

アクセスマップ

周辺のスポット情報