つくばみらい市の綱火

ツクバミライシノツナビ
小張松下流綱火
画像提供元:つくばみらい市
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

茨城県 | つくばみらい市

正式名称は、「小張松下流三本綱からくり綱火」。伝承では、この綱火は、永禄年間に小張城主の松下岩見守重綱が戦勝祝いに考案したものといわれています。仕掛け花火を背負わせた人形を笛や太鼓に合わせてあやつり、一つの物語として展開されます。一方、「高岡流綱火」は、鎮守の祭の時に大樹から赤と黒の蜘蛛が舞い降り、巣を作る様から村人が創作したと伝えられています。どちらも戦国時代末期から綿々と伝承されてきた詩情溢れる伝統芸能です。

基本情報

所在地 茨城県つくばみらい市
問合せ先 つくばみらい市観光協会
〒300-2492 茨城県つくばみらい市加藤237
TEL 0297-58-2111
産業経済課内
FAX 0297-52-6024
ホームページ http://mirai-kankou.com/
アクセス ・つくばエクスプレスみらい平駅からタクシーで5分小張愛宕神社
・つくばエクスプレスみらい平駅からタクシーで10分高岡愛宕神社
開催地 高岡愛宕神社・小張愛宕神社
時期 高岡流:8月下旬(日)、小張松下流:8月24日
駐車場 無料 100