西蓮寺(茨城県行方市)

サイレンジ
西蓮寺
画像提供元:行方市観光協会
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

茨城県 | 行方市

天台宗西蓮寺は,延暦元年に桓武天皇勅願により創建されたと言われる名刹です。仁王門、相輪塔(そうりんとう)は国指定重要文化財となっています。9月24日~30日には、7日7夜にわたって堂内を廻りながら読経する法要である「常行三昧会(じょうぎょうざんまいえ)」がおこなわれます。
彼岸花も見頃である。
11月下旬~12月上旬には大銀杏の黄葉が見られる。

基本情報

所在地 〒311-3514 茨城県行方市西蓮寺504
TEL 0299-56-0107
問合せ先 行方市観光協会
〒311-1792 茨城県行方市山田2564-10
TEL 080-8731-1772
FAX 0291-35-3258
ホームページ http://www.namekan.jp/
アクセス ・常磐道土浦北ICから車で60分30Km
・東関東道潮来ICから車で45分
料金 ・無料

見学・所要時間 30分
文化財 ・国指定重要文化財:仁王門
 作成年代:戦国、安土桃山時代  指定年:1543 年
文化財 ・国指定重要文化財:相輪とう
 作成年代:鎌倉時代  指定年:1287 年
文化財 ・都道府県指定天然記念物:樹齢約1000年以上の大イチョウ
 作成年代:平安時代
創建年代 782年

アクセスマップ

周辺のスポット情報