木造聖徳太子立像

モクゾウショウトクタイシリツゾウ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他名所

茨城県 | 下妻市

衣冠束帯摂政太子像。ヒノキ材、寄木造り、白土下地彩色、玉眼嵌入、像高65センチメートル。太子の像容は、3歳の南無太子像・16歳の孝養像・壮年期の摂政太子像・衣冠束帯像・馬上太子像などいろいろな姿がある。県内の浄土真宗寺院には多くの太子像が残されているが、そのほとんどが孝養像で、このような摂政太子像は、県内は無論、全国的にも数少なく、その内でも優れた作品といわれる。製作年代は室町時代初期、14世紀末頃までさかのぼると思われる。 なお、像を安置する黒漆箱形厨子の框裏には天正9年(1581)の墨黒銘がある。

基本情報

所在地 〒304-0067 茨城県下妻市下妻乙350
TEL 0296-44-2367
問合せ先 下妻市教育委員会生涯学習課
〒304-8501 茨城県下妻市本城町2-22
TEL 0296-43-2111
ホームページ http://www.city.shimotsuma.lg.jp/
アクセス ・関東鉄道常総線下妻駅から徒歩で5分
文化財 ・都道府県指定重要文化財
 指定年:1984 年 3月

アクセスマップ

周辺のスポット情報