カルルス温泉

カルルスオンセン
カルルス温泉
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

温泉

北海道 | 登別市

登別温泉の奥座敷として知られ、登別温泉の北西約8kmのところにある。周囲をめぐる溪谷は原始林に覆われており、自然景観にも恵まれている。温泉はラジウムを多量に含み、この泉質がチェコのカルルスバード(現在:カルロビバリー)に類似しているところからカルルスと命名された。各旅館が入浴法を決め、湯治客にそれを守って入るように指導している。また、冬にはカルルス温泉サンライバスキー場が開業されることから、多くのスキー客で賑わう。

基本情報

所在地 〒059-0553 北海道登別市カルルス町
問合せ先 登別国際観光コンベンション協会
〒059-0551 北海道登別市登別温泉町60番地
TEL 0143-84-3311
FAX 0143-84-3303
アクセス ・登別駅からバスで30分
温泉泉質 ・硫酸塩泉:芒硝性単純泉
温泉効能 ・外傷・骨折・火傷
温泉効能 ・肝臓病・胆のう病
温泉効能 ・皮膚病
温泉効能 ・糖尿・肥満
温泉効能 ・痛風
宿泊施設軒数 4軒
宿泊施設総定員 290人

アクセスマップ

周辺のスポット情報