レールマウンテンバイク ガッタンゴー

レールマウンテンバイクガッタンゴー
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

体験観光

岐阜県 | 飛騨市

※※岐阜県の「ストップ新型コロナ2週間作戦」を受け、4月7日(火)から営業を中止致します。ご理解のほど、よろしくお願いします。詳細はホームページをご確認下さい。○2020年度シーズンの営業について・まちなかコース 2020年3月20日(金)~・渓谷コース   2020年4月4日(土)~○事前予約開始について・インターネット予約 2020年2月15日(土)~・電話予約      2020年3月1日(日)~ いずれも受付を開始しております○身長制限の変更について2019年度から、レールマウンテンバイクの自転車をこげる身長がこれまでの140cmから、「145cm以上」に変更となりました。※詳しくは「レールマウンテンバイクGattan Go!!」公式ホームページをご覧ください。2006年11月末に廃線となった旧神岡鉄道の線路の上をマウンテンバイクで颯爽と駆け抜ける、新感覚の乗り物「レールマウンテンバイクGattan Go!!(ガッタンゴー)」。線路の上を走る自転車はオリジナルのガイドローラー付きメタルフレームに、2台のマウンテンバイクをがっちり固定。後輪のタイヤが直接レールに接地しレールの上を走行します。これまでの「まちなかコース」に加え、2018年4月より待望の新コース「渓谷コース」もオープン。「ガッタン!」というレールの継ぎ目の音と振動、渓谷の絶景やトンネルの暗闇、高架橋の上からの眺めを楽しみませんか。【ガッタンゴー各コースについて】「まちなかコース」・・・これまで運用されてきている神岡町市街地にある既存コースです。スタート地点は旧神岡鉄道の「奥飛騨温泉口駅」跡となります。豊富な自転車のバリエーションと観覧シートやベンチシート・チャイルドシートのオプションを組み合わせて、カップルからファミリー、グループ、おひとり様でも…。みんなで気軽に楽しめる片道2.9km(往復5.8km)のコースです。「渓谷コース」・・・2018年4月にオープンした新コースです。スタート地点は旧神岡鉄道の「漆山駅」跡となります。神岡町市街地から高原川を下った渓流沿いの山間を走り、コースには高架橋2つ、鉄橋1つ、トンネル2つがあるワイルドな片道3.3km(往復6.6km)のコースです。使用する自転車は、1車両につき最大3人まで乗車できる観覧シート付自転車のみとなります。○レールマウンテンバイク ガッタンゴーの特集ページは こちら○ガッタンゴーのファミリー旅行特集は こちら【最終更新日:2020年1月22日】

基本情報

所在地 岐阜県飛騨市神岡町東雲(あずも)1327-2
問合せ先 レールマウンテンバイク・ガッタンゴー事務局
TEL 090-7020-5852
ホームページ http://rail-mtb.com/
営業期間 営業
9:00~16:30(曜日・季節により変動あり)公式ホームページよりネット予約可能水曜日(祝日は営業)※11月下旬から3月下旬までは冬季休業
アクセス ・車【まちなかコース】集合場所は、旧神岡鉄道旧奥飛騨温泉口駅となります。○自動車でお越しの場合〔高山方面より〕・東海北陸道飛騨清見ICより60分・高山清見道路高山ICより50分〔富山方面より〕北陸道富山ICより60分〔松本方面より〕中央道松本ICより国道158号・安房峠道路経由120分〔飛騨市内より〕JR飛騨古川駅より車で30分※現地に自家用車無料駐車場あり。○公共交通機関ご利用の場合〔高山方面より〕JR高山駅隣接の高山濃飛バスセンターより濃飛バス「神岡営業所」行き乗車(所要約80分)。神岡営業所よりタクシーで約5分。〔富山方面より〕JR富山駅より富山地方鉄道・濃飛バス「奥飛騨富山線」の「平湯温泉」行きに乗車。途中の「旧奥飛騨温泉口駅」バス停下車(所要約90分)。【渓谷コース】集合場所は、旧神岡鉄道の旧漆山駅となります。○自動車でお越しの場合〔高山方面より〕・東海北陸道飛騨清見ICより60分・高山清見道路高山ICより60分〔富山方面より〕北陸道富山ICより40分〔松本方面より〕中央道松本ICより国道158号・安房峠道路経由130分〔飛騨市内より〕JR飛騨古川駅より車で40分※現地に自家用車無料駐車場あり
料金 ・ハイブリッド車(電動アシスト付自転車)~2人で3,200円など※走行コース・車両によって料金が異なります。(詳細は、下記ホームページのリンク先をご覧ください)

アクセスマップ

周辺のスポット情報

飛騨市公式観光サイト「飛騨の旅」バナー