闇見神社例祭神事(2021神事のみ開催)

クラミジンジャレイサイジンジ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

福井県 | 三方上中郡若狭町

闇見神社は、倉見庄(くらみのしょう)の鎮守社として、三十三間山の麓に鎮座する式内社で、若狭の耳別(みみわけ)の祖とされる室毘古王(むろひこのみこ)の母、沙本之大闇戸売命(さほのおおくらみとめのみこと)と菅原道真をまつる古社です。
四月五日の例祭行事は、昭和37年に県無形民俗文化財に指定されています。
その昔、宮座組織によって例祭神事が運営されていましたが、現在では、明治37年改正の規約に基づく当屋制によって神事を営んでいます。当屋は、毎年一区一交代制で、倉見・白屋は3年に一度、岩屋・成願寺・上野は7年に一度勤めます。
例祭前日の当屋行事として、幣裁ち・当屋祈祷・王の舞のお仕上げ等を行います。当日は、当屋における村立ちの儀を経て、災祓幣(さいはらいべい)を先頭に行列を整えて神社に向かい、参道入り口の広場で「当渡し(とわたし)の儀」(当屋交替の儀式)を行い、王の舞、獅子舞・大御幣搗き(おおごへいつき)・神輿御御(とぎょ)等が続きます。これらの行事の圧巻は大御幣搗きです。当渡しを終えた大御幣の四方に荒縄をくくり付け、激しく地面に叩きつけながら社頭に向かうのですが、長さ6尺、4寸角の松の生木づくりの御幣を木っ端微塵になるまで搗きまくる特殊な神事で、奇祭です

基本情報

所在地 〒919-1323 福井県三方上中郡若狭町倉見
問合せ先 若狭町歴史文化課
〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1
TEL 0770-45-2270
開催日・開催時間 開催
4月上旬 毎年4月第一日曜日
アクセス ・JR十村駅から徒歩で30分2.4Km
・舞鶴若狭自動車道から車で14分9Km

アクセスマップ

周辺のスポット情報