闇見神社例祭神事

クラミジンジャレイサイシンジ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

福井県 | 三方上中郡若狭町

闇見神社例祭神事は若狭町成願寺の闇見神社の春祭りで、毎年4月5日に執り行われます。年ごとに氏子である倉見、白屋、成願寺、上野、岩屋などの各区が交替で神事を担当します。例祭当日は、当屋(組頭)を出発した行列が神社の参道に到着すると、「当渡しの儀」(当屋交代の儀式)を行い、王の舞、獅子舞、大御幣搗きが行われます。大御幣搗きでは、長さ6尺の松の生木でできた大御幣を地面に強く打ちつけながら社殿に向かいます。その後に神輿の渡御があり、神輿の前で王の舞と獅子舞が奉納され、多くの見物客で賑わいます。

基本情報

所在地 〒919-1322 福井県三方上中郡若狭町成願寺
問合せ先 若狭町歴史文化課
〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1
TEL 0770-45-2270
開催日・開催時間 開催
2020年4月5日 毎年同日
アクセス ・JR十村駅から徒歩で30分2.4Km
・舞鶴若狭自動車道 若狭三方ICから車で14分9Km
料金 ・無料

開催地 闇見神社

アクセスマップ

周辺のスポット情報