村上義弘供養塔

ムラカミヨシヒロクヨウトウ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他名所

愛媛県 | 今治市

しまなみ海道随一の展望と名高い亀老山展望公園が山頂にある亀老山の中腹にある宝篋印塔は、南北朝後期の作で、塔の地下にある経筒に「為村上義弘作」という銘があったため、義弘の供養塔として認定されたと伝わる。
塔の正面に向かって右側の格座間には、生前に一族の力を結集してこの塔を造ったという意味である「逆修證結集敬白」の文字が刻まれている。
この塔の右に建つ石柱には、正面に「前金吾判官村上三郎左衛門尉義弘公廟」、裏側には安政四丁巳五月吉日、願主「本庄村毛利暉良」、右側には「施主桜井村 村上建之」と刻銘されていることから、安政4年(1857)、毛利暉良らによって、この地に安置されたものと思われる。
宝篋印塔の隣には、島四国34番札所である妙法堂がある。また、高龍寺の奥の院である。

基本情報

所在地 〒794-2114 愛媛県今治市吉海町名(亀老山中腹)
問合せ先 今治市吉海支所住民サービス課
〒794-2110 愛媛県今治市吉海町八幡137
TEL 0897-84-2111
アクセス ・しまなみ海道・大島南ICから車で15分

アクセスマップ

周辺のスポット情報