市指定無形民俗文化財永田のひょっとこ踊り

ヒョットコオドリ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

宮崎県 | 日向市

この踊りは、明治時代に、日向市塩見永田地区に眼科医として開業していた橘公行医師によって伝授されたといわれています。そのルーツは江戸時代から伝わる里神楽にあることが解明されてきましたが、いつ頃から踊られていたのか詳しく分かっていません。 昔は、初午(はつうま)の日に踊られていたそうですが、現在は豊作を祝う踊りとして、また商売繁盛を願う踊りとしていろいろな機会に踊られています。日向市を代表する踊りとして、市の無形民俗文化財にも指定されています。 また、毎年8月の第1週土曜日には、全国から約2,000名の踊り手が一堂に会し、日向ひょっとこ夏祭りが行われます。

基本情報

所在地 〒883-0033 宮崎県日向市塩見永田
保存者 橘ひょっとこ踊り保存会
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go