大和田囃子

オオワダハヤシ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

埼玉県 | 新座市

江戸神田囃子の流れをくむ祭囃子で、江戸時代の終わり頃、氷川神社の夏祭りに神輿とともに奉納した囃子が流行り、土地の人々が「大和田囃子」と呼び楽しんだのが由来と言われる。曲目は「屋台」・「昇殿」・「神田丸」・「四丁目」・「仁羽」などがあり、おかめ・ひょっとこ・狐・囃子・下道などの面をつけた踊がつく。楽器の構成は、大太鼓・締太鼓・拍子木・金正・蓚筒の組み合わせで、演者の並び順も決まっている。荒れ神輿として知られるはだか神輿の荒々しさとともに、大和田氷川神社の夏祭りに華を添えている。

基本情報

所在地 〒352-0004 埼玉県新座市大和田4-15-13
問合せ先 新座市教育委員会生涯学習スポーツ課
〒352-8623 埼玉県新座市野火止1-1-1
TEL 048-424-9616
FAX 048-458-0791
ホームページ http://www.city.niiza.lg.jp/site/bunkazai
メールアドレス syougaku@city.niiza.lg.jp
営業期間 開催
夏 毎年7月末の金・土曜日
アクセス ・東武東上線 志木駅からバスで10分「新座柳瀬高校入口」下車
その他 新座市指定文化財  旭川市に伝わる雨粉囃子は、大和田囃子の一員が当地で広めた囃子。

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go