鷲宮神社太々神楽

ワシノミヤジンジャダイダイカグラ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

栃木県 | 栃木市

鷲宮神社に伝わる御神楽は伊勢神楽の流れを汲む、依田流太々神楽(よだりゅうだいだいかぐら)といい、神社焼失・洪水等により歴史は定かではありませんが、鎌倉時代幼い頼家公がとりせき(百日咳)を患った際母親である二位尼君(政子)が鶏肉と卵を断って鷲宮神社の御神前に祈願をしたところ無事病気が回復したとされ、その御礼にと正月初酉の日、佐々木四郎高綱を使いとし御神馬と舞を奉納したと伝えられています。 その後、壱組十二人講という祈祷講社により継承されてきました。 現在は保存会が結成され、平成3年に都賀町(現栃木市)指定無形文化財の認定を受け、平成5年には文化庁移動芸術祭協賛公演第35回関東ブロック民俗芸能大会に、栃木県代表として出演するという栄誉も頂きました。TONAN50選にも選定され、栃木県郷土芸能大会や各種イベント等に多数出演する他、老人ホームへの慰問にも積極的に取り組む等幅広い活躍をしています。

基本情報

所在地 〒328-0111 栃木県栃木市都賀町家中451-2
TEL 0282-27-1419
問合せ先 鷲宮神社
TEL 0282-27-1419
ホームページ http://www.cc9.ne.jp/~washinomiya/
メールアドレス washinomiya@cc9.ne.jp
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go