五戸まつり

ゴノヘマツリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

青森県|三戸郡五戸町

京都の祇園祭を遷した伝統行事で、八幡宮、稲荷神社、神明宮の三社祭りが核となっている。神話や伝説などを題材に造られる約4トンの山車が、豪華にして壮麗な一大絵巻を繰り広げる。山車を曳く際の大漁節に似た掛け声は、近隣の祭りにはない特徴。 中日の夜には「山車夜間競演」が行われ、中心商店街と歴史みらいパーク駐車場に全ての山車が一堂に会する。まつり囃子、太鼓、音頭の競演が行われるが、その競演は圧巻であり、まつりの熱気が周囲を覆いつくす。 「坂のまち」とも呼ばれる五戸町。最終日のお還りでは高低差30m以上、ビル8階建て相当の坂を山車が登っていく。特に坂の最後には、引き子たちが道路いっぱいに膨らみ、全力で山車を引かないと登り切れない道路幅の狭い急坂があり、無事登り切った山車には見物人から賞賛の拍手が送られる。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒039-1548 青森県三戸郡五戸町字新町
問合せ先 五戸町観光協会
〒039-1548 青森県三戸郡五戸町字新町24-1
TEL 0178-62-7155
FAX 0178-62-7160
ホームページ http://gonohe-kankou.jp/

営業期間 開催
2020年8月下旬〜2020年9月上旬

アクセス ・JR八戸駅から車で20分

開催地 五戸町旧市内
時期 8月下旬及び9月上旬の金・土・日曜日
観覧者数(年間) 約30,000人

周辺のスポット情報