白子神社(千葉県白子町)

シラコジンジャ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

千葉県 | 長生郡白子町

白蛇をご神体として奉る神社として知られる。 永承3年(1048)大国主命を祀ったのが創祀で、その後、大治元年(1126)に白蛇を背中に乗せた白い亀が海より現れ、それを白子大明神として南白亀に祀り、鎭守としたといわれ、白蛇をご神体として奉られる。 江戸時代には白鳳山本法寺の別当の許で、南白亀神社と称し、明治維新により白子神社と称したといわれる。現在の町名もこの神社の名からで、流造りの現社殿は、宝暦12年(1762)に完成したもの。 「縁結び」の神様として、また桜の名所としても知られる。

基本情報

所在地 〒299-4218 千葉県長生郡白子町関5364
TEL 0475-33-3124
FAX 0475-33-1622
問合せ先 白子神社 社務所
〒299-4218 千葉県長生郡白子町関5364
TEL 0475-33-3124
FAX 0475-33-1622
ホームページ http://homepage3.nifty.com/shirakojinnjya/
アクセス ・茂原駅からバスで25分白子神社バス停下車2分
・九十九里有料道路白子ICから車で7分4Km白子町役場からすぐ

アクセスマップ

  • クチコミを見る(2 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報