光明寺(千葉県木更津市)

コウミョウジ
光明寺
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

千葉県 | 木更津市

JR木更津駅西口徒歩3分という地の利の良さで、多くの観光客が訪れる光明寺。ここには、歌舞伎「与話情浮名横櫛」でお馴染みの、切られ与三郎の墓があります。与三郎のモデルとなったのは、山武郡増穂村(現大網白里町)の紺屋の次男:大吉で、木更津の紺屋で働いていた職人。のちに長唄の太夫:四代目芳村伊三郎を襲名しました。舞台で看板にしていた体の傷跡が八代目団十郎の目にとまり、その来歴をもとにして、鶴屋南北の門下:三世瀬川如皐が狂言に書き下ろしました。初演は嘉永6年(1853年)。現在でも歌舞伎役者の香華が絶えず、墓の脇には片岡二左衛門や坂東玉三郎の卒塔婆も見られます。

基本情報

所在地 〒292-0067 千葉県木更津市中央1-3-5
TEL 0438-22-3603
問合せ先 木更津市観光協会
〒292-0831 千葉県木更津市富士見1-2-1アクア木更津B館1F
TEL 0438-22-7711
アクセス ・木更津駅から徒歩で3分
見学・所要時間 10分
創建年代 建武2年

アクセスマップ

周辺のスポット情報