「印旛沼開発50周年記念イベント」開催 ~見て・聞いて・食べて(?)印旛沼を知ろう~

2019.12.04
【日本観光振興協会】
inbanuma

「印旛沼開発50周年記念イベント」開催 ~見て・聞いて・食べて(?)印旛沼を知ろう~

 
「印旛沼開発事業」は天然の湖沼であった印旛沼において、江戸時代からの悲願であった印旛沼の洪水を東京湾や利根川へ排水し、さらには印旛沼の干拓と印旛沼の水位を水門で管理することで、農業のみならず水道・工業用水にも利用できるようにした事業であり、昭和21年に着工して昭和44年に完成しました。
今年は施設の完成から50年にあたり、独立行政法人水みず資源機構では地域の皆さまへの感謝と施設の役割を理解していただくため、東京湾排水の要である「大和田機場」(千葉県八千代市村上)を一般開放するイベントを開催します。
当日は、普段入ることができない機場の内部を開放し、当時東洋一と言われた規模のポンプ設備を間近に見学していただくとともに試運転も実際に行います。
また、建設時の貴重な写真のパネル展示や記録映画の上映、印旛沼周辺でとれた餅米での雑煮販売なども行います。なお来場者には、50周年を記念して作成したダムカード風の「印旛沼開発50周年記念カード」を配布します。
皆様のご参加をお待ちしております。

1 日 時:令和元年12月8日(日)10:00~15:00

2 場 所:独立行政法人水資源機構千葉用水総合管理所 大和田機場
(千葉県八千代市村上3139)

https://www.water.go.jp/kanto/chiba/backnumber/torikumi.htm