88(やや)異国プロジェクト始動!(フランス編)

2017.05.11
【青森県八戸市】


88(やや)異国プロジェクトとは・・・

平成28年5月に初めて八戸市を調査に訪れた東北芸術工科大学(山形市)の企画構想学科・映像学科混成の学生チームが、「八戸は他の東北とは違う印象。日本海側とは空や海の色が違い、人も開放的だ」「どこか外国、異国のような開けた雰囲気がある」との印象をもったことをきっかけに、市制施行88周年に合わせ「88(やや)異国プロジェクト」を始動しました。

神戸、横浜、長崎といった、誰しも想像する異国情緒漂う観光都市とは異なり、様々な外国の容貌を「88(やや)」魅せる街、八戸の魅力を発信するこのプロジェクト。今回は種差海岸・工場・横丁といった、八戸の魅力溢れる地域資源をPRする3編の短編映像を制作いたしました。
「八戸って、なんか変?」という疑問符を頭に浮かべたまま、どうぞ八戸へお越しください。