宇多津古街(こまち)の町並み

ウタヅコマチ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

町並み

香川県|綾歌郡宇多津町

宇多津町の旧市街地の古い町並み。 宇夫階神社に続く旧街道沿いを中心とした町内に、町家が立ち並ぶ。町家とは、間口が狭く、奥行きの長い「うなぎの寝床」(短冊形)のような敷地に、通りに面して敷地の幅一杯に主屋が建てられ、片側が通り土間になって、裏側の庭に出ることができる建物。香川県の町家の多くが京都と同じ平入り(軒先側から入る形)。宇多津の町家の特徴は、虫籠窓や出格子の持ち送り(格子窓を支える材)が手堅くまとめられていて、おとなしい表構えをしている。しかし、明治の初期に洋間を取り入れ、上質の御影石をふんだんに使うなど、確かな技術と手間をかけた町家が多い。

基本情報

所在地 香川県綾歌郡宇多津町町役場南側周辺
問合せ先 宇多津町まちづくり課
〒769-0292 香川県綾歌郡宇多津町1881
TEL 0877-49-8009
FAX 0877-49-0515

アクセス ・JR宇多津駅から徒歩で15分

見学・所要時間 60分

周辺のスポット情報