九戸城跡

クノヘジョウアト

史跡

岩手県|二戸市

奥州藤原氏時代には城が置かれたというが不詳。三戸城(青森県三戸郡三戸町)を本拠とする南部氏の一族に九戸氏があり、永禄12年(1569)政実のとき、鹿角地方奪還の戦功によって二戸郡を領し、九戸村伊保内から移って入城したとされる。天正19年(1591)政実は南部氏に背いて挙兵、豊臣秀吉の発した大軍に攻められて滅びる。九戸城はその後,南部信直が福岡城と改称して三戸城から移る。信直没後、嫡男利直が入城するが,盛岡城が完成して利直が移ったため,廃城となった。現在は三方を深い谷に面した地形に面影をとどめているのみである。◎九戸政実(1536-1591)南部氏の一族。戦国末期,宗家の信直と争い,豊臣秀吉の兵五万に居城九戸城を攻められ降伏、斬首された。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒028-6101 岩手県二戸市福岡字城の内
問合せ先 二戸市観光協会
〒028-6103 岩手県二戸市石切所字森合68
TEL 0195-23-3641
FAX 0195-23-2343
ホームページ http://ninohe-kanko.com/

アクセス ・二戸駅からバスで4分

見学・所要時間 90分

時代 室町

周辺のスポット情報