永田日送踊り

ナガタヒオクリオドリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

鹿児島県|南九州市

江戸時代,薩摩藩主の命により八重山島で米を積んだ船が難波。中国に流れ着いた時に地元で習った踊りを伝え聞いたのが始まり。この踊りは、笛、太鼓、調子木の調子にあわせ、なぎなた、座頭、魚すくいなど12通りの型を輪になって踊るもの、田の神舞という種蒔、豊作を祈願したものからなる。各自独特の面をかぶり、様々な踊り方をする。日々の暮らしを面白おかしく曲芸を交えて踊るのが特徴である。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒897-0222 鹿児島県南九州市川辺町永田
問合せ先 南九州市教育委員会 文化財課
〒897-0320 鹿児島県南九州市知覧町郡17880番地ミュージアム知覧
TEL 0993-83-4433
FAX 0993-83-3055

アクセス ・指宿スカイライン川辺ICから車で30分

見学・所要時間 15分

保存者 永田日送踊り保存会
時期 不定