猿の子踊

サルノコオドリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

鹿児島県|指宿市

延享2年今和泉家島津忠郷が、日向青島に遊んだとき旅芸人の猿使いの芸をみて感心し、旅芸人を領内に住まわせて多くの猿を飼いならし芸を仕込んで、毎年春と秋の2回この猿芸を領民にみせて日頃の苦労をねぎらい、併せて働かないものは食にありつけないという教訓を後世に伝えたのが、現在の猿の子踊りであるといわれる。こどもが真赤な衣装と顔一面赤く塗って扮装した親猿、子猿が猿使いの命令に従って、入り乱れてさまざまな芸をするのであるが、この奇妙な動作がしかも整然と続けられていく様は実に見事なもので、見るものを十分楽しませてくれる。

基本情報

所在地 〒891-0312 鹿児島県指宿市池田下門
問合せ先 指宿市教育委員会社会教育課
〒891-0403 鹿児島県指宿市十二町2290番地(時遊舘COCCOはしむれ内)
TEL 0993-23-5100
FAX 0993-23-5000
ホームページ https://www.city.ibusuki.lg.jp/marugoto/spot/%e7%8c%bf%e3%81%ae%e5%ad%90%e8%b8%8a/

保存者 下門地区保存会
時期 随時