長穂念仏踊

ナガホネンブツオドリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

山口県|周南市

陶氏の菩提寺である吉祥山「竜文寺」で、8月7日に虫干し供養として奉納されていた踊り。 この踊りは、当初、陶氏追善供養として、旧暦7月7日に行われていたが、後に、雨乞い踊りとなって、竜文寺と氏神の周方神社で行われるようになり、旱魃の年にのみ奉納されてきました。 周防国富田の若山城主・陶晴賢が、 1555年(弘治1)に毛利元就と安芸の厳島(現在の広島県宮島)で戦って敗れ、長穂の竜文寺に逃れました。 数カ月の攻防の後、毛利軍は兵士を念仏踊りの踊り子に変装させ、不意を突いて陶一族を攻め滅ぼしたという陶氏滅亡

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒745-0125 山口県周南市長穂
問合せ先 周南市教育委員会 生涯学習課 文化財保護担当
〒745-0004 山口県周南市岐山通1-1
TEL 0834-22-8677

文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財