やぶさめ

ヤブサメ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

千葉県|君津市

菅原道真、日本武尊、譽田別尊を祭神とする菅原神社では、毎年1月7日に「やぶさめ神事」が行われます。神事は宮司による祝詞送上、玉串奉天の後、境内にて弓矢で的を射るもので、里伝によれば、元禄年間(1688~1704)当時の領主が祭祀料を供進し、やぶさめの行事を行いつつ武道を奨励し、五穀豊穣を祈願した事が始まりと言われております。  前日1月6日の「矢迎えの儀」にて、総代6名の参加のもと、弓、矢、的が新調されます。弓は長さ約六尺(1.8m)、矢は12本、的は竹で編んだ上に紙が張られ、当日その年の恵方に立てられます。射手との距離は弓の長さの五倍とされ、的と射手との間には新しいわらが敷かれます。「わかと」(神事に奉仕する10歳前後の男の子)、宮司、自治会長、総代の順に矢を射って、的の白黒部分に当った本数により、その年の天候や作物の豊凶を占います。 この「やぶさめ」は君津市の無形民俗文化財に指定されており、北子安やぶさめ保存会により伝承されております。

基本情報

所在地 千葉県君津市北子安2-18-1
問合せ先 君津市教育委員会 生涯学習文化課
〒299-1192 千葉県君津市久保2-13-1
TEL 0439-56-1380

営業期間 開催
2019年1月7日 毎年同日開催

アクセス ・館山自動車道君津ICから車で15分市街地方面、八重原交差点経由 JR君津駅南口コミュニティバス小糸川循環線外回りコース乗車「君津中前」バス停下車、徒歩10分

開催地 菅原神社

周辺のスポット情報