無生野大念仏

むしょうのだいねんぶつ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

山梨県 | 上野原市

国無形文化財である「無生野の大念仏」。
無生野の大念仏は、綴連王(つづれのおう)が護良親王(もりながしんのう)と雛鶴姫(ひなづるひめ)の追善供養のために始められたものと言われます。
踊り念仏とも言われるこの踊りは、鉦(かね)や太鼓(たいこ)に合わせて念仏や和讃を唱えながら踊り、一本太刀(いっぽんだち)、二本太刀(にほんだち)、おはらいなどの踊りがあり、1月16日(旧暦※)と8月16日(新暦)の年二回行われます。
今では、県下で唯一伝承されている大念仏です。

基本情報

所在地 〒401-0201 山梨県上野原市秋山12370-1
問合せ先 〒409-0192 山梨県上野原市上野原3832
TEL 0554-62-3119
開催日・開催時間 開催
2019年8月16日
アクセス ・上野原駅から車で20分
開催地 無生野集会所