髪塚

カミヅカ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、フォーカスシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

富山県 | 氷見市

かつてお堂が建てられていたと推測される平坦面の前面に、髪塚と呼ばれる自然石の石塔が立っています。高さ約180cmの自然石で、平らな正面に月輪と梵字「バク」、その下に「貞和三年□十五日」(1347年)と刻まれています。この「貞和」の銘は南北朝時代の北朝の年号にあたりますが、南朝方に関する伝承が残り、後醍醐天皇の皇子、宗良親王が剃髪した髪を埋めたともいわれています。

基本情報

所在地 〒935-0413 富山県氷見市小境862番地
問合せ先 氷見市 教育委員会文化振興課
〒935-0016 富山県氷見市鞍川1060番地
TEL 0766-74-8240
アクセス ・能越自動車道灘浦ICから車で5分2.7Km
文化財 ・市区町村指定史跡

アクセスマップ

周辺のスポット情報