森鴎外(森林太郎)の墓

モリオウガイモリリンタロウノハカ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他名所

東京都 | 三鷹市

森鷗外は、文久2(1862)年、島根県鹿足郡津和野町(現・津和野市)の生まれ。本名を林太郎という。森家は代々津和野藩主亀井家の典医。東大医学部を卒業後、軍医としてヨーロッパに留学し、陸軍医務局長や陸軍軍医総監の地位に進む。その一方、文学にはげみ、明治文壇の重鎮として大きな業績を残していく。主な作品には、「舞姫」「うたかたの記」「雁」や歴史小説「阿部一族」「山椒大夫」などのほか「即興詩人」等の翻訳や評論活動でも知られている。大正11年(1922)、61歳で病没。墨田区向島の弘福寺に埋葬されたが、関東大震災で寺が全焼し、また隅田公園の拡幅工事範囲に墓地が入ったため、昭和2(1927)年に同じ宗派であった禅林寺に森家の墓地が移された。墓碑には、遺言によって一切の栄誉・称号を排して、「森林太郎墓」 とのみ刻されている(墓碑は、中村不折の書)。このことは、境内にある遺言碑に記されている。 毎年7月9日に鷗外忌が催されている。なお、鷗外の墓に並んで演劇評論家として歌舞伎の革新等にも功績をあげた弟篤次郎(筆名・三木竹二)の墓がある。

基本情報

所在地 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-18-20 禅林寺
TEL 0422-44-8365
ホームページ http://www.zenrinji.jp
アクセス ・三鷹駅からバスで5分
・八幡前から徒歩で3分[鷹51 国際基督教大学・調布駅北口・武蔵小金井駅行き、鷹52 朝日町・朝日町3丁目・車返団地行き、鷹54 仙川・晃華学園東行き、鷹65 深大寺行き]
見学・所要時間 10分

アクセスマップ

  • クチコミを見る(15 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報