福永家住宅  塩田屋敷

  
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

徳島県 | 鳴門市

福永家は寛文年中に、高島村で塩田を開き製塩業を営んだ。この付近は江戸時代以来、鳴門塩田の中心で、当住宅の製塩関係建物と、入浜塩田はその唯一の遺構である。敷地は約1400平方メートル、周囲に石垣を築き、その外側は入浜塩田となっている。建物の配置は、中央部に南面して主屋、その西側に離れ座敷と土蔵が建ち、主屋との間を風呂、便所を取り入れた廊下でつないでいる。また主屋の東と南にはそれぞれ納屋、かん水溜、釜屋が建ち、文政末年から天保初年にかけて、現在の屋敷構えが整った。(昭和51年5月20日 国重要文化財指定)

基本情報

所在地 徳島県鳴門市鳴門町高島字浜中1
問合せ先 TEL 088-686-8807
アクセス ・JR鳴門線「鳴門駅」下車から車で15分
その他 その他:重要文化財(建造物) 6棟 福永陽一昭和51年5月20日

アクセスマップ

周辺のスポット情報