【神事のみ】御櫛祭

ミグシサイ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

島根県 | 松江市

素戔嗚尊(スサノオノミコト)が斐伊川上流で八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した際、櫛稲田姫(クシナダヒメ)に結納として御櫛を渡されたという故事にちなんだ神事。本殿に御櫛を置き、祝詞をとなえた後、拝殿において八雲神楽に合わせて浦安舞、幣(ミテグラ)舞の奉納があります。15時からは素戔嗚尊が住民に米作りを教えたという故事にちなんで御田植神事(オタウエシンジ)が行われます。これは、地元の中学の女生徒が絣の着物をまとい、赤たすきをかけて笛や太鼓に合わせて田植歌を歌いながら苗に見立てた松葉を植え農作を祈るものです。

基本情報

所在地 島根県松江市八雲町
問合せ先 熊野大社社務所
TEL 0852-54-0087
開催日・開催時間 開催
2019年4月13日 毎年同日
アクセス ・JR松江駅から車で20分
開催地 熊野大社

アクセスマップ

周辺のスポット情報