赤名湿地性植物群落

アカナシッチセイショクブツグンラク
赤名湿地性植物群落
画像提供元:赤名湿地性植物群落
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

植物

島根県 | 飯石郡飯南町

寒地性の植物ミツガシワ・リュウキンカが大群落を形成しており、この赤名湿地が西限地となっている。また、サギソウ・トキソウ・カキランなどの野生ランや、モウセンゴケ・ミミカキグサなどの食虫植物も自生している。さらには、幻のトンボといわれるハッチョウトンボも生息しており生きた自然の博物館となっている。

基本情報

所在地 〒690-3513 島根県飯石郡飯南町下赤名
問合せ先 森の案内人の会 (飯南町教育委員会内)
〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4
TEL 0854-76-3944
FAX 0854-76-3945
ホームページ http://www.iinan.jp
アクセス ・松江市よりから車で90分80Km
・広島市よりから車で130分96Km
見学・所要時間 90分
時期 5~9月
4月中旬~5月中旬:ミツガシワ、リュウキンカ、6月~7月:トキソウ、カキラン、ノハナショウブ、7月~8月:ヒツジグサ、ハンカイソウ、8月:サギソウ、サワギキョウ、7月~8月:ハッチョウトンボ

アクセスマップ

周辺のスポット情報