古地図を片手にまちを歩こう<益田編>日本遺産認定の中世城下町と幕長戦争の舞台

コチズヲカタテニマチヲアルコウ<マスダヘン>チュウセイノジョウカマチトバクチョウセンソウノブタイ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

島根県 | 益田市

中世、石見国西部最大の国人領主・益田氏の城下町・益田は、この度、日本遺産に認定されました。町中の寺社をはじめ数々の文化財は、中世日本の傑作といえます。また、益田は、幕末には幕長戦争の舞台となりました。中世の面影と近代日本の夜明けの町を巡ります。
[集合場所]
医光寺駐車場
[コース]
医光寺→天石勝神社→椎山墓地→萬福寺→三宅御土居→医光寺(約2.5km/約2時間)

基本情報

所在地 島根県益田市島根県益田市医光寺駐車場(集合)
問合せ先 (一社)益田市観光協会
〒698-0024 島根県益田市島根県益田市駅前町17-2
TEL 0856-22-7120
ホームページ https://masudashi.com/
アクセス ・浜田道浜田ICから車で50分
・中国自動車道戸河内IC・六日市ICから車で70分
料金/時間/休業日 [実施日]2021年9月~2022年3月の第1,3土曜(1月除く) [予約]1週間前までに要予約 [料金]無料(ただし10名以上の団体は1団体につき1,000円) [開始時間]10時 [所要時間]約1時間 [最少催行人員]2名

アクセスマップ

周辺のスポット情報