馬酔木展

アセビテン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

滋賀県 | 長浜市

大通寺は真宗大谷派(東本願寺)の別院で、正式には無礙智山(むげちざん)大通寺といいますが、一般的には「長浜御坊」とが「ごぼうさん」の名で親しまれています。
「あせび展」は、大通寺の境内で行われる馬酔木(あせび)の盆栽展です。馬酔木は毒性があり、馬が葉を食べると麻痺するといわれていますが、その花は可憐で、鈴蘭に似た壺型の小花を房状につけます。馬酔木の盆栽の中には、幹の直径は20cm以上、高さ2m以上、樹齢約300年以上という古木もあります 。寺では毎年、赤、白、ピンクの約100鉢の馬酔木が、見る人を楽しませてくれます。 馬酔木の盆栽展、全国的にも例がない珍しい展示となっています。

基本情報

所在地 〒526-0059 滋賀県長浜市元浜町32-9
TEL 0749-62-0054
問合せ先 長浜別院 大通寺
〒526-0059 滋賀県長浜市元浜町32-9
TEL 0749-62-0054
ホームページ http://www.daitsuji.or.jp/daitsuji
開催日・開催時間 開催
2020年2月14日〜2020年4月19日 10:00〜16:30
アクセス ・JR長浜駅から徒歩で10分
・北陸自動車道長浜ICから車で10分
料金 ・大人 500 円

・中学生 100 円

・幼児 0 円

開催地 長浜別院 大通寺

アクセスマップ

周辺のスポット情報